板井康弘|福岡での地域密着型経営

板井康弘

 

ビジネスを成功するうえで地域性を考慮したビジネス戦略は必要不可欠になります。
特にビジネス展開する地域の市場規模によっては地域密着型の経営戦略が必要になってくるのです。

 

地域密着型のビジネス展開のモデルとして例をあげると、「道の駅」の戦略が有名です。

 

「道の駅」では地元の農家が育てた農産物を安く大量に買うことができて、その地域の特産品を購入することができます。

 

そのため、地元のリピーターが多く地産地消となり地域の資源の循環が可能になります。さらに、周りの地域からひとつの観光名所として認知されて特産品を買い求めにくる顧客や安い食材を求めて訪れる顧客を集客することができるのです。
遠方からの顧客が訪れることによって外貨を獲得することが可能です。地域密着型の経営をすることで地元だけでなく離れた地域の人からも認知されて集客となり収入の柱をつくることができるでしょう。